解説

投稿日:2023年5月11日 更新日:

【橋梁補修工事】断面修復工について

今回は「断面修復工」というテーマについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

まず、断面修復工とは、コンクリート構造物の断面部分に生じた欠陥や損傷を修復する工種のことを指します。

コンクリートは、長時間の使用や外部要因によって徐々に劣化していきます。そのため、断面部分に欠陥が生じることがあります。

欠陥とは、コンクリート表面のはがれやひび割れ、鉄筋の錆びや腐食、コンクリートの膨張などがあげられます。これらの欠陥は、構造物の耐久性を低下させ、安全性を脅かす恐れがあります。そこで、断面修復工は欠陥を確認した後、その部分を適切な材料や工法を用いて修復します。

具体的には、断面修復工は、以下のような作業を行います。

①欠陥箇所の確認:欠陥箇所を目視または検査器具などを用いて確認します。

②欠陥部分の取り除き:欠陥部分をハンマーやエアーチッパーなどで取り除きます。

③鉄筋の処理:鉄筋のさびや腐食がある場合は、表面を清掃した後、防錆剤を塗布します。

④補修材の施工:取り除いた部分に、適切な補修材を左官か吹き付けにて補修します。

DCP PHOTO

 

断面修復工は、コンクリート構造物の耐久性を維持するために欠かせない存在です。欠陥箇所の早期発見と修復は、構造物の寿命を延ばし、安全性を確保するために重要なことです。

有限会社オカムラでも、断面修復工等の橋梁補修工事を主に行っており、安全で美しい構造物を提供することを目指しています。

 

橋梁工事のことなら木津川市の有限会社オカムラ
ただいま橋梁工事スタッフ求人募集中!
〒619-0201
京都府木津川市山城町綺田柏谷33
電話:0774-86-5961
FAX:0774-86-5962

この記事を書いた人

カテゴリー 解説

関連記事

【解説】高欄とは?

【解説】高欄とは?

こんにちは! 今回は「高欄」について、簡単に解説したいと思います。 車や徒歩で橋を渡る時に、下の写真 …

【解説】鋼橋について

【解説】鋼橋について

こんにちは!有限会社オカムラブログ更新担当です。今回は「橋の種類」についてお話しします。前回はコンク …

PC橋について

PC橋について

こんにちは!有限会社オカムラのブログ更新担当です。 今回は「PC橋」についてお話します。 橋梁には超 …

採用情報 お問い合わせ